下関市内最大規模の法律事務所!豊富な経験と実績で、相続・遺産分割問題を徹底的にサポート

下関の地で1983年から積み重ねた歴史と実績 弁護士法人ラグーン 山口県弁護士会所属

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス

083-234-1436


法定相続とは

 

00040001-thumb-225x315-400.jpg

法定相続とは、民法887条から890条により定められた者を相続人と定め、形式的に遺産の一定割合を与えることを言います。

 

 

とりわけ,被相続人が遺言を残さずに亡くなった場合に効力を発揮します。

 

 


遺言書を被相続人の生前に作成しておけば、法定相続分と異なる相続を行うことができます。

 

遺言は、遺言者の死後の法律関係に効力を及ぼす最終の意思表示です。

遺言が記載された法定の要件を備えた書面を遺言書といいます。

 

 

被相続人は,一定の制約はありますが,遺言書により誰にどの財産をいくら相続させるかを自由に決めることができます。

 

遺言の内容によっては、相続人の遺留分を侵害するというトラブルが起きる可能性があります。

遺留分については別項でご説明しておりますので,よろしければご参照下さい。

 

法定相続人の順位または割合

順位 法定相続人 割合
1 子と配偶者 子=二分の一  配偶者=二分の一
2 直系尊属と配偶者 直系尊属=三分の一  配偶者=三分の二
3 兄弟姉妹と配偶者 兄弟姉妹=四分の一  配偶者=四分の三


 

法定相続人の範囲について,民法では以下のように決められています。

 

・配偶者は常に相続人(890条)
・直系尊属は、子がいない場合の相続人(889条1項1号)
・兄弟姉妹は、子と直系尊属がいない場合の相続人(889条1項2号)

 


法定相続分とは


 

「法定相続分」とは、法定相続人に相続される遺産の一定の割合をいいます。

一定の割合であって,個別の遺産をどう分割するかについては,何ら定められていません。


法定相続分は、誰にいくらくらいの財産が相続されるのかを知る一つの目安となります。

 

遺言書は、被相続人が死後に自己の財産分配について意思を遺すものですが、不適切な分配方法をすれば,後々相続人間で揉める原因を作ってしまう可能性があります。

紛争の火種を作らないようにするには、作成時に法定相続分を十分に配慮する必要があります。


 

相続・遺産分割・相続のご相談は弁護士法人ラグーンへ 083-234-1436

事前にお電話にて、相談日のご予約をお願い致します。相続のことならお任せ下さい。

※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

弁護士法人ラグーンについてはこちらから

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■解決事例 

 

相続の一般知識

相続とは

相続人と相続財産の範囲

相続方法の種類

それぞれの相続分は

特別受益

寄与分

遺産分割

遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言

遺留分

遺贈分

相続放棄とは