下関市内最大規模の法律事務所!豊富な経験と実績で、相続・遺産分割問題を徹底的にサポート

相続・遺産分割・遺言のトラブル解決無料相談 弁護士法人ラグーン 山口県弁護士会・福岡県弁護士会所属

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス

下関 083-234-1436 黒崎 093-482-5536

相続の基礎知識

自筆証書遺言と公正証書遺言

 

Q 自筆証書遺言とはどのようなものですか?

A 本人が、本文の全文、日付、氏名を自筆で書いた書面に捺印して作成する遺言書です。一見最も簡単   で費用もかからず、手取り早いように思われますが、法律上禁止される事項を書けば無効となってしまっ   てしまいます。また、内容が不明瞭な場合には余計に相続が揉める原因となってしまいます。

 

Q 自筆証書遺言はどうやって作成するの?

 自筆証書遺言作成のポイント(民法968条)として以下のことがあげられます。
   1.全文を自筆で書くこと
   2.用紙は自由
   3.縦書き、横書きは特段の制約はなし
   4.筆記具は自由(ボールペン、万年筆等制限はありません)
   5.日付を自筆で記入すること
   6.氏名を自筆で記入すること
   7.捺印をすること(認印や三文判でも構いませんが、実印が好ましい)
   8.修正・変更する場合には当該箇所に押印し、その上部に修正・変更の箇所と内容を付記し、署名すること。

 

Q 公正証書遺言とはどのようなものですか?

A 公証役場にて、公証人と2名の立会人のもと作成する遺言書です。

  内容が正確であるか確認の上、原本は公証役場にて保管します。一番確実な遺言書で、裁判所の検認手  続きも不要です。

 

Q 公正証書はどうやって作成するの?

A 公正証書遺言の書き方とポイント(民法969条)として以下のことがあげられます
   1.証人2人以上の立会いのもとで、公証人役場へ出向く
   2.遺言者が遺言の内容を公証人に口述する
   3.公証人がその口述を筆記する
   4.筆記した物を遺言者及び証人に読み聞かせ、または閲覧させる
   5.遺言者および証人が筆記の正確なことを承認したうえで、各自が署名捺印する
   6.公証人がその証書を法律に定める手続きに従って作成されたものである旨を付記して、これに署名捺印すること

 

Q 証人・立会人は誰でもいいのですか?
A ①未成年者、②推定相続人・受遺者とこれらの配偶者・直系血族、③公証人の配偶者、4親等内の親族などは、証人・立会人になることはできません。利害関係があり、遺言内容に影響を及ぼす危険性があるからです。

相続の一般知識

相続とは

相続人と相続財産の範囲

相続方法の種類

それぞれの相続分は

特別受益

寄与分

遺産分割

遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言

遺留分

遺贈分


 

相続・遺産分割・相続のご相談は弁護士法人ラグーンへ 083-234-1436

事前にお電話にて、相談日のご予約をお願い致します。相続のことならお任せ下さい。

※お電話での相談は行っておりません。ご予約のみとさせていただいております。ご了承下さい。

弁護士法人ラグーンについてはこちらから

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■解決事例 

 

相続の一般知識

相続とは

相続人と相続財産の範囲

相続方法の種類

それぞれの相続分は

特別受益

寄与分

遺産分割

遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言

遺留分

遺贈分

相続放棄とは